ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング

ボウリング サムレス

投稿日:2018年12月6日 更新日:

最近はボウリングも両手投げの人が増えてきました。若い人が多いのですが、年配の人でも結構見かけるようになってきています。

若い人はあっという間に両手投げをマスターしていくのですが、年配の人はいつまでたってもマスターできずに時間が過ぎている人もいるようです。

これまで長年リフト&ターンで投げて来た年配の人は、どうしてもボウルを引っかけ上げる癖がとれず苦戦している人も多いようです。

両手投げでないサムレスにしても同じです。

サムレスや両手投げで投げるのであれば、まず引っかけ上げて曲げるという古い考えを捨てる必要がありますが、これができない!

「言うは易く行うは難し」のようです。

そんな引っかけ上げなくても、手の平はボウルの下に入っているのですからボウルは回転するはずです。

投げる直前には手の平が完全にボウルの下に入っていないといけないと思っているのかもしれませんが、PBAで高速回転をさせているほとんどのボウラーはそこまで極端に手の平がボウルの下に入っていません。

上の画像はE・J Tacketのリリース前の静止画がですが、彼ですらこの程度しか手は下に入っていません。

両手投げをしている人であれば誰でもこの位は手の平は下に入っているはずです。

年配の人で両手投げをしている人の手首の様子を見ていると、硬い印象を受けます。

両手投げから上にリフトしようしているものだから、手首がボウルに負けないように固くなっているように見受けます。

一度、ボウルを「回転させよう」「回転させよう」という意識を取り払い「楽に転がそう」という意識に変えて練習してみてはどうでしょう。

もし、ボウリングでなく単なる「玉転がし」のゲームだったら「絶対に力を入れてボウルをリフトなんか」はしないと思います。

カーペットの上で、3m先にある的にボウリングのボウルを転がして充てるゲームでしたら、誰でもカーペットの上をコロコロとボウルを転がして当てると思います。

誰もリフトなんかしません。

それと全く同じ考えで転がせばよいと思います。

下手にレーンを前にするからダメなのではないでしょうか。

目標をスパットを通るまでスピードは無視して、スパットを通るまで5回転させるとかというようにして練習してみるのも手ではないかと思います。

助走無しからボウルを転がすとか、超スローボウルからの練習とか、色々と工夫すればコツをつかむ練習方法があると思います。投げようという意識をまず持たない事からです。

回転させるだけなら簡単なのですが、これでスコアーを出すとなるとそれ以上に難しいですね。

サムレスで曲がり過ぎるのはボウルスピードが遅いから

サムレスはボウルスピードが無いと曲がり過ぎます。

PBAのボウルスピードはピンヒット2.2秒です。それも、USオープンのオイルコンディションはオイル量が45ml入っています。

ところが日本のセンターコンディションは、少ないところは15mlで多い所でも30ml位しか入っていません。

日本のセンターコンディションはオイルが少ないのです。PBAの選手が日本に来た時に、日本のプロにこんなことを言いました。

「日本のコンディションは簡単すぎます。もっと難しいコンディションで練習してください。」

正にその通りで、日本のプロがアメリカに渡ってアメリカのPBAコンディションで投げても全く勝負にならないような点数しか打てないでしょう。

女子プロはアベレージ200も打てません。日本のコンディションですら外目からクロス気味にさほど回転しないボウルしか投げれない女子プロが45mlもオイルが入ったコンディションで投げるものなら、完全に直球にしかなりません。

そんな日本のコンディションですから、サムレスで遅いボウルで投げれば曲がり過ぎるのは当たり前です。

投げるボウルのスピードも、ピンヒットまで2.2秒で到達しているのであれば良いのですが回転だけしてスピードがピンヒット2,5秒とかでは曲がり過ぎます。

何故、日本のコンディションは遅いのかと言いますと、センターが人集めのために遅くしているのです。ボウルが曲がらないとお客さんが「曲がらない!」と苦情を言うからです。

ですから、お客さんを満足させるために外を切り、壁を作ってボウルがヘッドピンに集まりやすくしています。これんなレーンでいくら練習しても、スポコンやPBAコンディションでは打てるようになりません。日本のボウリングレベルが低いのはセンターに責任があるのかもしれませんね。

-ボウリング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ローダウンで肘を曲げたいが鉄棒の様で曲げられない人

ローダウンで肘を曲げるコツ ローダウンをするには、肘を一瞬曲げて、それを伸ばすことが必要になります。 初めてローダウンにチャレンジしようと思う人は、多くの人が見様見真似で肘を曲げようとしますが、肘がま …

ボウリングの点数計算方法が変わる?

アジア大会でボウリングの点数計算の方法が新しい方式に変わったようです。まあ、アジア大会などは一般の人には関係ない大会ですからレジャーでボウリングをしている人たちが通うセンターでその計算方法が採用される …

ボウリングでかっこよく投げたい

ボウリングで一番かっこよい投げ方をしている人、皆さんが憧れている人は誰ですか。憧れる選手は人それぞれですので、かっこよく感じる人も皆違うと思います。 私は、断然EJ Tacketがかっこよく感じていま …

ボウリングの縦回転と横回転のボウル

縦回転のボウル 私が理想とするボウルは縦回転でアクシスローテンションが入ったボウルです。下の図のようなボウルです。 トラックはサムホールから5cm位離れ、縦回転でアクシスローテーション(舵角)が10度 …

no image

これからのボウリングは両手投げに叶わない時代になる

現在、ボウリング界は両手投げがグングン伸びてきています。日本のプロでも両手投げの選手が登場し、レジャーボウリングでも片手投げのサムレスで投げる若者が増えてきています。 PBAでも結果を出すのは両手投げ …