ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング

ボウリングの縦回転と横回転のボウル

投稿日:2018年12月21日 更新日:

縦回転のボウル

私が理想とするボウルは縦回転でアクシスローテンションが入ったボウルです。下の図のようなボウルです。

トラックはサムホールから5cm位離れ、縦回転でアクシスローテーション(舵角)が10度位入ったボウルです。

舵角は車のハンドルを切った時と同じように進行方向に対してハンドルを切った状態の角度です。

ボウルは時計の針で5時から11時方向、または4時から10方向で縦回転に回ります。

でもアクシスチルトが0度ですと、サムホールにローリングトラックがかかってしまうのでローリングトラックがサムホールにかからないレベルまでチルトが入ります。その結果多少ボウルの回転軸が上の様に斜めになります。

この回転のボウルが一番レーンをキャッチして、ボウルも曲がります。

チルトが大きすぎますと、オイルが厚いレーンではボウルが一回転でレーンをキャッチする長さが短くなるのでヘッドピンに当たるまでに曲がり切れない可能性が出てきます。

ですから、チルトはあまり入れません。もちろんオイルが薄かったり短かったりするレーンコンディションではチルトが多めに入っている方がボウルが走り丁度よくヘッドピンに当たる場合もあり、チルトが無いばかりにドライゾーンでのキャッチが早く苦戦する場合も多々あります。

スポーツコンディション等の外と中のオイルの厚さにあまり差が無いようなコンディションでは、チルトが入り過ぎていると抜けてしまう可能性が大きいので横回転のボウラーは殆ど直球の様なボウルしか投げることができません。

ところが、縦回転で程よくチルトが入り程よくローテーションが入っているボウラーは「見たか!」と言わんばかりにボウルを曲げてヘッドピンを打つことができます。

PBAのプロは皆縦回転でチルトもあまり入れないボウルを投げています。

ですから、私はこの縦回転で程よくチルトが入ったボウルが好きです。ある意味優越感を感じられるボウルです。

スピナーと呼ばれるボウル

回転が寝てしまっているボウルとは下の様なスピナーボウルです。

上の図はスピナーと呼ばれる回転が寝てしまっているボウルです。ボウルがコマの様な回転をしています。

この場合ボウルがレーンをキャッチする長さは上の図の青い線の部分でしかありません。これではボウルが一回転する間にレーンをキャッチする長さが短かすぎます。結局ボウルはレーンをキャッチできず走ります。

ドライコンディションではスピナーボウルも有効ですが、朝一コンデションやスポコンでは全くボウルは動きません。レーンコンディションが遅くなるのを待つしかありません。

もう一つスピナーには欠点があります。ボウルが横回転をしているので、縦回転にならないままヘッドピンの18枚目に当たった場合本来ならばパーフェクトストライクになるはずのものが、パーフェクトストライクにならない場合が多くなります。これはユーチューブのどこかで実験で証明されていましたので探してみて下さい。

以前女子プロボウラーで西村美紀という選手がいましたが、彼女のボウルは完全なスピナーボウルでした。それでも良い成績を残せたのは、日本の女子プロのレーンコンディションは男子プロのコンディションに比べてオイル量も少なく簡単でスピナーボウルを投げてもヘッドピン手前でボウルが起き上がってくれたからです。

これがオイルが分厚いPBAコンディションですと、ボウルは起き上がらずに横回転のままヘッドピン直行してしまいます。スピナー回転でなくてもチルトが入り過ぎると抜けてしまいます。ですからPBAの選手はチルトをあまり入れません。

-ボウリング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボウリングでかっこよく投げたい

ボウリングで一番かっこよい投げ方をしている人、皆さんが憧れている人は誰ですか。憧れる選手は人それぞれですので、かっこよく感じる人も皆違うと思います。 私は、断然EJ Tacketがかっこよく感じていま …

ボウリング サムレス

最近はボウリングも両手投げの人が増えてきました。若い人が多いのですが、年配の人でも結構見かけるようになってきています。 若い人はあっという間に両手投げをマスターしていくのですが、年配の人はいつまでたっ …

ボウリングのボウルを投げるとポンと音がする

ボウリングのボウルを投げた時に、ポンと音がする人がいます。何も知らない人はその音が不思議に思います。 私などはボウリングを始めたばかりの時に、他の人が投げていてその音がした時におかしくてついつい笑いた …

サムホールの調整は自作スクレーパーで

ボウリングをしていると、時々サムホールの穴を大きくしようとして長時間紙やすりで削っている人を見かけます。 中には何年もボウリングをしているのに、スクレーパーという道具を知らずに紙やすりで削っている人も …

ハウスボウルを使いサムレスで投げている方へ

最近はどのボウリング場に行ってみても、ハウスボウル(ボウリング場のボウル)を使い、サムレス(親指を入れない)で投げている人を見かけます。 両手投げで投げている人も、かなり多くなってきました。 実際にJ …