ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング

ボウリングの点数計算方法が変わる?

投稿日:2018年12月27日 更新日:

アジア大会でボウリングの点数計算の方法が新しい方式に変わったようです。まあ、アジア大会などは一般の人には関係ない大会ですからレジャーでボウリングをしている人たちが通うセンターでその計算方法が採用されるとは考えられないのですが、一応説明しておきます。

ただ、競技ボウラーの方にはもしかしたらこれからその計算方法が採用されてくるかもしれませんので、一応気に留めておいた方が良いかもしれません。

新しい計算方法

上の様になるようです。

これまでは、ストラクでダブル、ターキーとならないと点数が増えませんでしたが新しい計算方法ですと単発のストライクでも30点になります。

逆にダブルで60点、ターキーで90点とストライクを連続させなければいけないというプレシャーがあったのですが、それが無くなりました。単発ストライクでもストライク2回なら60点です。

これまでのボウリングの点数計算は、いかにストライクを連続させるかが勝負の分かれ道でしたが、この計算方法ですと1ゲームに何回ストライクを出したかが勝負の分かれ道になります。

9ホンスペアーでダッチマンだったとすると、これまでの点数計算では200点です。

でも、新しい点数計算方法で計算すると

30+19+30+19+30+19+30+19+30+19+10=225

となります。10フレだけはストライク10点計算しています。

新しい点数計算の感想は、点数が高くなりやすい!

はっきり言って、面白くない感じがします。やはり連続ストライクの難しさがある意味ボウリングの楽しみでもあるような気がします。


-ボウリング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボウリングの縦回転と横回転のボウル

縦回転のボウル 私が理想とするボウルは縦回転でアクシスローテンションが入ったボウルです。下の図のようなボウルです。 トラックはサムホールから5cm位離れ、縦回転でアクシスローテーション(舵角)が10度 …

ロイヤルリボルトはカバートリボルトの色違い?

ABSからロイヤルリボルトが販売されました。2019年の11月のことです。 カバートリボルトは言うまでもなく傑作中の傑作ボウルで、何度も再販されてきました。カバートリボルトの後に、ユーナイティッドリボ …

ボウリングのボウルが曲がり過ぎる人

次のことをチェックです。 ホームとしているセンターのコンディションはどうなのか。レーンに引いているオイルの量は何cc入っているのか。あるセンターで43フィートレーンでオイルが22.5ccしか入っていな …

オメガクラックスはどんなボウル?[ボウリング]

ストーム社からニューボウルでオメガクラックスが販売されました。 新素材の[GI-20パール]カバーは、数値上ではオイルに最強の素材となっていますがパール素材ということもありスキッドも見込めるようです。 …

フィジックスMを投げた感想

フィジックスの人気が絶好調なのですが、私もその人気についフィジックスMを購入してしまいました。 初代フィジックスが爆発的に売れて、続けてフィジックスM、アストロフィジックスと来ていますが、どれもコアは …