ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング

ローダウン系のボウルを投げたいならまず脱力で球速35kmのストレートから[ボウリング]

投稿日:2019年1月25日 更新日:

どんなボウリングを求めているか

ボウリングにはスタイルがあります。

大きく分けるとストローカーなのか、ローダウン系なのか。

自分が求めるボウリングのスタイルにより、求める指導者も違ってきます。ローダウン系を求めるなら、ストローカー系の3倍の練習が必要と思ってください。

ネット上に出ている大方の情報は、今ひとつかゆい所に手が届いていないものが多くて、一応参考にはなるのですが不十分というものがほとんどです。

ストローカー系のボウリングを求めるのであれば、多くの指導者がいますし、それほど難しいスキルは必要ありません。

ところが、ローダウン系となると非常にスキルが高くて、身に付けなければいけないスキルの数も多いです。ボウリングを何十年と続けている人でもかゆい所に手が届かない指導しかできないのが現状です。

それに、間違った指導をしている人も沢山いると思います。

ローダウン系をマスターするなら

ローダウン系の投法をマスターしたいと思う人は、すぐに回転に目が行きます。あの高速回転を自分も投げたいという意識からです。

しかし、練習する順番としては、ます球速のあるストレートからです。

急速のあるストレートを、投げれなければ例えボウルを回転させることができるようになったとしても、球速が20kmとかの遅いボウルしか投げられません。そして最後に球速と言う厚い壁にぶつかり挫折します。

球速が遅くても良いなら、ボウルを回転させるだけならそんなに難しくありません。回転は後からで十分ですというより、回転をかけること以上に大切な要素があります。

まず、ストレートで球速が35km位の玉を力みなく投げられるようになることが最初の段階です。非常に重要です。

力んで力任せに投げるストレートではダメです。

ハウスボウラーが投げている力んで投げる速球は、誰でもできます。

問題は、力まないで投げる速球です。

これをマスターしようと練習すると、まず間違いなくボウルが後ろにドスンと落ちる怖さを感じます。

ローダウン系のトップ選手と、ボウリング場で見られる通常のストローカー系のボウラーを比べると、スイングスピードが明らかに違うことが分かります。

ローダウン系で投げているプロのスイングスピードはストローカーのスイングスピードよりもかなり速いです。

センターでオープンバックで投げている多くのボウラーさんを見ますが、彼らはオープンバックにはしていますが、スイングにスピードがありません。

何故かと言いますと、「ボウルを落としそう」「体がぐらつく」などという不安意識からスイングに力みがありオープンバックにして位置エネルギーを得ているように見えますが形だけで、ボウルの落下を自ら制御してしまい高く振り上げた意味が無くなっているからです。

オープンバックはボウルを高い位置まで上げ、そこから一気に力を抜いて振りぬきます。ボウルを持つ手に力みがあったのでは、ボウルの落下速度が妨げられて振り上げた意味がなくなってしまいます。

実際にスイングスピードが遅く、ボウルのスピードも遅いオープンバックをしている人がたくさんいます。

それなら、ボウルを高く上げずに低い位置から一気に振りぬいた方がスピードがでます。

ボウルを両手で持ち頭上に挙げて、そこから床にボトンと落としてみて下さい。そのボウルの落ちるスピードがオープンバックの目指すスイングスピードです。かなり速いスピードで落ちます。

腕に力が入っておらず、ボウルと一緒に腕が落ちていくならボウルはかなりのスピードで床に向かって落ちていきます。しかし、それをしようとするとボウルはただ後ろにボトンと落ちてしまうという怖さがありできません。では、どうすれば良いのか?それは、後で腕の張りと蹴りの所で説明します。

脱力できていない人がトップからのスイングで疑問に思うことの一つに、オープンバックで綺麗で速いスイングをしている人は、スイング中にボウルの重さを感じているのか?という疑問です。脱力できたオープンバックのスイングでは、スイング最中にボウルの重さは全く感じません。なぜなら、全く力を抜いて腕もボウルと一緒に落ちていますから。ですから手首の力とか腕力ではないのです。スキルです!

この脱力した速いスイングがローダウンの全てとも言えるほど重要です。ローダウンの幹とも言える部分で、後の部分は枝葉と思ってもらっても過言では無いほど重要なスキルです。

プッシュアウェイからの見直し

投球のタイミングを変えるのは、至難の業です。そう簡単に投球のタイミングは変えられません。

まず、最初のプッシュアウェイから力を入れずに持っていかなければ、最後までスイングの脱力ができません。

脱力を振り下ろす時だけに意識してしまいますが、それは間違いで最初のプッシュアウェイから脱力しないと、最後のダウンスイングの時にも完全な脱力ができません。

スイングでボウルを高く上げるのは、力で上げるのではありません。

ボウルが体の真横を通るときに体は前傾していきます。ボウルと体が入れ替わる感じで体が前傾して体重移動していきます。

そして体が前傾して前に進みますので、スイングしているボウルは後ろに移動していくのではなく最下点から真上に振りあがる感じになります。

この時のスイングでも肘はしっかり伸びてボウルに引っ張られるような力を感じながらスイングします。

5歩助走でいうと4歩目の右足に重心が乗った時に、ボウルは最高点に達します。最高点に達したら、腕に張りを感じながら体を沈み込ませ蹴りに入るわけです。

この最高点に達した時に「運動会のヨードン!」状態のスタートと同様に右足で床を蹴ります。そのことにより、力んでいない腕なら腕に張りを感じるはずです。

この腕の張りが重要です。

沈み込みと右脚の蹴りによる、この腕の張りがないと、ボウルは真後ろにドスンと落ちます!タメを作ったら、沈み込みと蹴りを入れて腕に張りを持たせる!この時完全に肩の力を抜きます。ですから、最後の一歩は張りを持たせるため、最後のレベレージを確保するために、多きなスライドをします!

右足で床を蹴ったら、今度は左足に体重移動をします。

左足はつま先側を先に着きスライドさせ、ここぞと思う所でかかとに重心を乗せストップさせます。「つま先→かかと」の順番です。

そのためシューズが重要になります。特にヒール部分が重要です。ヒール部分はブレーキが利く物にします。ブレーキをかけますと、キュ!という音がします。音が出ればブレーキがかかっています。安いシューズではズルズル滑りブレーキがかかりません!

下の動画でブレーキ音を確認してみてください。この音、実際に近くにいますと結構大きな音で聞こえます。

私は左足のヒールには、左写真のヒールを使っています。ブレーキが良く効き信頼できるヒールです。ヒールの裏が平らな物はブレーキが利かないので、まずシューズのヒールをしっかりした物にしてください。ちなみにヒールも長い間使用しているとゴムがすり減り平らになりブレーキが利かなくなります。その時は買い替えます。ヒールだけなら1,500円程で買えます。

かかとに重心を乗せブレーキがかかった時のボウルの位置と角度は、お尻の後ろ約45度位です。ブレーキをかける意識は45度よりも高い位置、バックスイングが水平位でブレーキをかける意識です。ボウルはスイングで動いていますので、実際に肘にブレーキ効果が伝わるのは水平よりも下がります。そして第三者からは45度位でたわんでいるように見えます。

この角度は重要です。

左足でストップをかけた時に、腕に張りがあり、尚且つ脱力できていれば自然に肘がたわみます。左足でストップをかけた時に一瞬ですが体に急ブレーキがかかった状態を作らないとダメです。この腕の張りとブレーキが肘曲げのきっかけ作りとなっています。

左足で急ブレーキをかけた時に、一緒に体が前に流れてしまったのでは左足でブレーキをかけた意味がなくなります。一瞬壁を作らないとダメです。

左足のブレーキはほんの一瞬ですが体のブレーキに連動し、その後は体は前に流れます。

この一瞬の体のストップが肘のたわみを生みます。かかとでブレーキをかけたのに体が同時に流れては、たわみは生まれません。かかとのブレーキが体のブレーキに一瞬だけ連動する必要があります。この連動により肘がたわみます。慣性の法則を使います。

そのたわみが生まれた後に、体のブレーキは解除され前に流れますがこの時にフラットスポットが生まれます。フラットスポットはほんの10㎝~15cm程度で目で見て分からないレベルでしょうが、それによりレベレージが多くなります。

手首のカップリストは意識しない

高速回転をかけようとする人は、例外なく手首の形を意識します。

しかし、多くのローダウン選手を見てみると、手首を深くカップリストにしている人もいれば、殆どカップリストにしていない人もいます。

手首よりも重要なのが、スイングスピードです。スイングスピードが早ければボウルをなでるスピードが速くなりますので回転が増します。

PBAの高速回転をかけている人でも、手首はカップリストになっていない人は沢山見かけます。もちろんロバートスミスのように強烈にカップを作る人もいます。

カップにならなくても手首は、ボウルの後ろに垂直程度に入っていれば十分です。

それよりも、速いスイングを意識することが大切です。

たわんだ肘を伸ばし速いフォロースルーをする

たわんだ肘を伸ばせば、ブロークン気味だった手首が解消されボウルに垂直気味に位置します。手首ももちろん脱力していなければダメです。

これだけでのスイングでRPM400は出ます。RPM400はかなり回転している方です。宮城鈴菜プロがRPM380位ですので、男子なら彼女以上のボウルは投げられます。宮城鈴菜プロの手首の形を見てみて下さい。リリース直前にカップリストになっていません。

宮城プロはボウルのスピードがPBAと比べると遅いので、この回転数でも曲がります。ピンヒット2.5秒です。

上の画像はEJ Tackettのリリースで、手首が一番深く入った場面です。せいぜいボウルの真横に垂直程度までしか入っていません。彼はスイングスピードが他の選手よりも速いです。

そして助走の勢いをそのまま、リリースに伝えています。他のPBAの選手とは投げ方が違います。多くのPBAの選手は完全に止まってからリリースに入りますが、EJ Tackettは助走スピードをそのままリリースにつなげています。助走スピード+脱力スイングということです。

彼のRPMは600回転です。まるでモーターです。pinヒット2.2秒です。

人間の指で強いのは人差し指と中指

5本の指の中で強いのは人差し指と中指です。薬指と小指は弱いのです。ところが、多くの人のリリースは薬指が真下になります。

EJ Tackettに限らず殆どのPBAの選手はリリース直前は人差し指がボウルの下に来ています。


中指は7時方向で人差し指が6時方向です。


7時方向にあった中指が6時方向に移動します。この移動の時にたわんだ肘を伸ばして移動させています。これによりアクシスローテーションが生まれます。

オープンバックをすると体がよたよた

オープンバックのスイングをすると体がヨタヨタしてしまうという人がいます。その原因は脇が空いているからです。

ボウルが体から離れると、7kg近くもあるボウルが頭上から落ちてくるのですからその重さに耐えられません。

できるだけボウルは体の芯で受け止めないとダメです。

そのためには脇をしめ、スイングの軌道が体の直ぐ横を通るようにしないといけません。体全体でボウルの重さを受け止め支えます。

7kg近い重さの物を頭上から落として、体から離れた場所で支えろと言われても無理があり、体がグラつくのは当たり前の話です。

スイングは脇をしめ、極力体に近いラインをスイングし、左足の直ぐ横にボウルを落とすことを意識します。

脇を締めることの重要性

ローダウンで高速回転をかけている人の投球を見ると、皆同様に脇を締めて投げています。ボウルがお尻の後ろから出てくるような感じになっています。

脇を締めると、どのような効果があるのか。

それは、左足で急ブレーキをかけた時のブレーキ効果が腕に伝わりやすいという効果があります。ボウルが体軸から離れてブレーキをかけても、そのブレーキ効果はうまく腕に伝わりません。

ボウルを持った腕が体の近くをスイングしていると、左足でブレーキをかけた瞬間に腕にもそのブレーキ効果が伝わります。スイングが体から離れていると、ブレーキ効果が弱まるだけでなく伝わるのに時間がかかってしまいます。これはイメージしてみると理解できると思います。

左足のブレーキ効果は一瞬ですので、その一瞬の効果を腕に伝えるには脇を締めて、スイングが体軸に近い所で行われなければだめです。脇が空いていたのでは効率よく慣性の法則が働いてくれません。

また、脇を締めることによりインサイド・アウトのスイングが可能となります。ボウルを外に出し曲げる場合はこのインサイド・アウトのスイングがとても重要になります。

腕を伸ばし親指を真っすぐ前に向けてみて下さい。人差し指と中指はどちらの方向を向いていますか?およそ11時の方向を向いていることが分かると思います。変にボウルを曲げようと言う意識からターンしたりする人がいますが、それは最悪です。何も意識せずに親指を真っすぐ前に抜くだけで縦回転でアクシスローテーションが5度~10度位入ったボウルが投げられます。

ローダウンではボウルを縦回転で回しますが、インサイド・アウトのスイングで親指をヘッドピン方向に向けて抜くだけでボウルには自然とアクシスローテーションが入ります。

そして、この方向に親指を向けることができれば親指はサムホールから抜けるときに綺麗に抜け親指の第一関節左側を擦らずに抜くことができます。親指の第一関節の横に豆ができません。

この抜き方をマスターすると、縦回転で舵角が10度位入った理想のボウルが投げることができるようになります。

脇を締めるコツ

脇を締めるコツは、フィンガーがインサイドにあるかどうかが重要です。フィンガーをインサイド(体の側)に持ってくると、自然と脇を締めやすくなります。ところがフィンガーがアウトサイドにあると、脇を締めろと言われてもなかなか占めることができません。

PBAのローダウン選手は例外なく脇を締めていますが、例外なくフィンガーはインサイドに入っています。昔のリフト&ターン投球ではフィンガーはアウト再度にあります。

ローダウンの最後の仕上げはフリップを入れる

リフトのリリースはボウルを下から引っかけ上げるリリースで、ローダウンでは引っかけ上げません。それとは全く違う動きをします。

フリップと言う動作です。分かりやすく言いますとヨウヨウの動作です。リリースの瞬間、手首を一気にブロークンにします。よくユーチューブの動画でボウルラックの上でボウルをグルグル回している、あの動作です。

フリップの練習をするには、ソファーなどの柔らかい物を下に置いて肘を90度に保った状態でボウルを持ち、そのままヨーヨーを回すように手首を返しボウルを落とします。この時に、ポンという音がすればサムホールに対して親指は真っすぐ抜けている証拠になります。

逆にポンという音がしないで、ズルという感じですとまだサムの抜き方が不十分です。この動作を何度も練習してレーン上では、低い位置からフリップの練習をします。レーン上でも音が出るようになれば成功です。

サムをレーンに突き刺すイメージで行ってください。それから、ボウルをなでる意識を忘れずにフォロースルーまでしっかり振り切ります。丁度空手の掌底を当てる感じでフォロースルーをします。

ローダウンの意識の流れをまとめると

①プッシュアウェイからの脱力。

②ボウルと体の入れ替わり。前傾。5歩助走ではタン、タン、タン、タ、タンの助走意識。(クイックステップ)タメを作れたか作れないかが重要。タメを作れないと脱力からの速いスイングができません。

③左肩を前に出し左手の平を返す(オープンバック)左肩を前に出すと右肩が開く。

④右脚4のタイミングで腕の張りを感じながらボウルはトップでタメを作る。

⑤体を沈めながら右足で蹴り、脇を締めスイングは体軸に近づけインサイド・アウトのスイング。

⑥左足はつま先からスライドしてかかとでストップ

⑦ストップ時に体は一瞬壁を作る。左足の踏ん張りが必要。

⑧この時にボウルはお尻の後ろ45度。

⑨ボウルが45度の位置に落ちてくるまで脱力した腕は張りを感じている。

⑩体がストップで一瞬止まった時に自然に腕はたわみが生じる。

⑪ボウルはできるだけ体に近いスイングラインを取る。

⑫体は前に移動していきフラットスポットができる。

⑬ボウルは人差し指が真下に来るように意識。

⑭肘を伸ばし手首が伸びる。

⑮中指がボウルの真下に来るように意識。ローテーションが生まれる。

⑯手首ももちろん脱力状態。

⑰フリップを入れて掌底リリース。

⑱速いスイングスピードを保てるように意識しフォロースルーまでしっかりスイング。

⑲手の平が天井を向くように、時計回りにスイングする意識。

ローダウンを投げようとすると、こんなに沢山意識しないとダメなポイントがあります。人間こんなにたくさんのことを同時に意識してボウルを投げられるものではありません。

意識しないでも出来るようにするには、練習しかありません。

こっちを意識すると、あっちがダメで、あっちを意識すると、今度は違う方がダメでとう感じで全てを完全に調和させることが本当に難しいのです。

ですから、ローダウンは難しいわけで練習もストローカーの3倍必要なわけです。この投球方法で更にはコントロールよく投げるとなると大変です。スパットに意識を持ってくると、フォームのどこかが上手くいかないということが起きてきます。

かなりの練習が必要で、何も意識しないで投げれるようになるまでスコアーは全く期待できません。

更に、コンディションによってローテーションの角度を変えるスキルも必要になりますので、トッププロの凄さが分かります。

-ボウリング

執筆者:


  1. ミリオン2 より:

    この記事を読んで目が覚めました!自分もオープンバック(のつもり)でスピードが出ないローダウン練習者です。兎にも角にも脱力35㎞を目指して1からやり直します。本やネット、プロレッスン等色々実践してみましたがこの記事ほど参考になったのはありません。本当にありがとうございました!

  2. takechan より:

    頑張ってくださいね^^。バックスイングトップで、タメを作ることが非常に重要ですので、常にタメを作る意識を持って練習されると良いと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サムホールは楕円にするべき

よくサムホールを紙やすりで削っている人を見かけます。私も昔は紙やすりで削っていました。 今はスクレーパーで削りますが、サムホールの穴は指に合わせて楕円にしています。親指は楕円ですので、親指に合わせて横 …

ジャッカルマジックの評価

ジャッカルマジックを投げてみた感想をお知らせします。 ジャッカルマジックは、ジャッカルゴーストのリメイク版の色違いとなります。ジャッカルゴーストに対する評価が非常に高かったため、再度再販された訳です。 …

ボウリングの用語説明

ボウリングの起源はいつ? Wikipediaによりますと、紀元前5000年ころには古代エジプトの墓からピンとボウリングのボウルが発見され、そのころからすでにボウリングに似たようなものがあったとされてい …

no image

ローダウンで肘を曲げたいが鉄棒の様で曲げられない人

ローダウンで肘を曲げるコツ ローダウンをするには、肘を一瞬曲げて、それを伸ばすことが必要になります。 初めてローダウンにチャレンジしようと思う人は、多くの人が見様見真似で肘を曲げようとしますが、肘がま …

オメガクラックスはどんなボウル?[ボウリング]

ストーム社からニューボウルでオメガクラックスが販売されました。 新素材の[GI-20パール]カバーは、数値上ではオイルに最強の素材となっていますがパール素材ということもありスキッドも見込めるようです。 …