ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング ボウル

フィジックスMを投げた感想

投稿日:2019年11月30日 更新日:

フィジックスの人気が絶好調なのですが、私もその人気についフィジックスMを購入してしまいました。

初代フィジックスが爆発的に売れて、続けてフィジックスM、アストロフィジックスと来ていますが、どれもコアは同じでカバーストックが異なります。

しかし、ボウリングのボウルはカバーストックが異なるだけで、ボウルの動きは全く別物になってしまうので驚かされてしまいます。それを感じるのは、私の一番大好きなボウルである「カバートリボルト」です。リボルトシリーズは色々出ていますが、カバートリボルトのコアとカバーストックのマッチングの素晴らしさは他のリボルトシリーズでは到達できませんでした。

そう考えますと、フィジックスシリーズも同じフィジックスと名前が付いていても、当たり外れが出てくるのかなとも思ってしまいます。

フィジックスシリーズのボウルは高回転ボウラーも低回転ボウラーも同じ動きをするという点です。そこが、受けて爆発的な人気になっているような気がします。そして、ピンアクションが良いということ。

確かに、フィジックスMをドリルして投げた時は面白いようにピンが倒れました。ピンアクションが良いんだなと直ぐに思いました。曲がり幅はさほど大きくありませんし、持続的に曲がってくるわけでもありません。しいて言えば、普通のボウル!

ボウルの動き方に関しては「?」でした。

この動き方なら、カバートリボルトの方がよっぽど良いなというのが正直な感想です。

私からすると、フィジックスMは数ピンの点数差を争う競技者向けで、スコアーを出すためのボウルのような気がします。プロ受けするボウルで、ボウルの動きを楽しむためのボウルではないと思います。

ですから、ボウルが過度に曲がると期待して購入しますと、期待外れとなってしまいます。

JBCやNBFなどの競技ボウラー、又はプロなどには受けるのがフィジックスなのではないでしょうか。

-ボウリング, ボウル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボウリング サムレス

最近はボウリングも両手投げの人が増えてきました。若い人が多いのですが、年配の人でも結構見かけるようになってきています。 若い人はあっという間に両手投げをマスターしていくのですが、年配の人はいつまでたっ …

桑田カップ2020は大失敗!!

桑田カップ2020が今年も開催されますが、完全に読み間違いをした感じがします。あちこちの会場で参加する人の人数が思わしくなく、参加するだけで予選通過や参加するだけで県大会通過し本大会へという県すら出て …

ボウリングのボウルが曲がり過ぎる人

次のことをチェックです。 ホームとしているセンターのコンディションはどうなのか。レーンに引いているオイルの量は何cc入っているのか。あるセンターで43フィートレーンでオイルが22.5ccしか入っていな …

no image

ローダウンで肘を曲げたいが鉄棒の様で曲げられない人

ローダウンで肘を曲げるコツ ローダウンをするには、肘を一瞬曲げて、それを伸ばすことが必要になります。 初めてローダウンにチャレンジしようと思う人は、多くの人が見様見真似で肘を曲げようとしますが、肘がま …

コードワン

Stormのコードワンはどんなボウル?

ストームから販売されているコードシリーズは大人気のシリーズということもあり、今回のコードワンも評価が高いようです。 新しいボウルを購入する時は、人気のあるシリーズを購入した方がガッカリしないですみます …