ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング

ボウリングの失敗しないニューボウルの購入の仕方

投稿日:

ボウリングのボウルを購入すると、殆ど1年位でまた新しいボウルを購入する人が多いと思います。それは、それで良いのですが購入した後に気に入らないであまり投げないうちに次のボウルを購入する人も多いのではないでしょうか。

私は、新しいボウルを購入する時は、必ず再販されたボウルを購入することにしています。何故なら、再販されるボウルは評判が良く人気が出たから再販されるからです。

本当に良いボウルは、何度も再販されてきます。

その最たるボウルが、モーティブ社のカバートリボルトです。

このボウルは、私が今まで何十個も買ったボウルの中で一番素晴らしいボウルでした。2個購入していますが、1個は通常の練習時に使用して、もう1個は本番用にして通常は使用していません。

練習用に使っているカバートリボルトも、もう何百ゲームも投げていますが未だに一番のお気に入りボウルで、未だにこのボウル以上のボウルは手にしていません。

何が素晴らしいのかと言いますと、①ボウルの動きが非常に柔らかい②曲がりが持続する③リリースミスをボウルが修正してくれる。これがカバートリボルトです。コアとカバーストックのマッチングが神レベルとしか言いようがありません。

リリースミスを修正してくれるというのはどういうことかと言いますと、「チョット回転が足りないか!」とか「チョットローテーションが足りないか!とか、入れすぎた!」などと言う時があります。他のボウルですと、そのリリースミスがダイレクトにボウルの動きに出てしまいますが、カバートリボルトはそれらの「多少のミス」はボウルが吸収してくれて大きな火傷をしないで済みます。これは、他のボウルと投げ比べをしてみて初めて気づくことです。

このボウルは何度再販されたのでしょう。5回?位でしょうか?また再販されるという話も出ているようです。

メーカーは、常に新しいボウルを出してきます。そしてどんなボウルを出してきてもボウルのテスターは悪い評価を下しません。それはそうでしょうね。「これは悪いボウルです。」と言って新しいボウルを売りに出す人はいません。

悪いボウルでも、「いいですね!」みたいなことを言って売りに出してきます。

購入する人は、メーカーの宣伝文句やらテストボウラーの口車に騙されて購入しているわけです。たぶん99%のボウラーは騙されて購入しています。

ですから、新しいボウルを購入する時は、再販されるボウルを購入すれば間違いがありません。

ところが、人間とはおかしなもので、古い物よりも新しいものを欲しがる!笑っちゃいますけど、誰でもがそうなんです。モーティブ社もカバートリボルトに追従するニューボウルを色々出してきましたが、カバートリボルトを超えることができずに、やはりカバートリボルトかという結論に達して何度も再販しています。

ユーナイティッドリボルトなんかは超外れ球でしたね。コアが同じなのにカバーストックが違うだけでここまでボウルが変わるのかという程違うものになってしまいました。また、ゴールドリボルトもしかりです。

ボウリングのボウルはコアとカバーストックのマッチングが非常い重要で、そのマッチングで全く違う動きのボウルになってしまうことを理解しておく必要があります。

そして、失敗しないニューボウルの購入の仕方は、「評判が良くて再販されてきたボウルを購入する。」これだけで、メーカーやテスターに騙されないボウルの購入ができるということです。

-ボウリング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボウリングの縦回転と横回転のボウル

縦回転のボウル 私が理想とするボウルは縦回転でアクシスローテンションが入ったボウルです。下の図のようなボウルです。 トラックはサムホールから5cm位離れ、縦回転でアクシスローテーション(舵角)が10度 …

ジャッカルマジックの評価

ジャッカルマジックを投げてみた感想をお知らせします。 ジャッカルマジックは、ジャッカルゴーストのリメイク版の色違いとなります。ジャッカルゴーストに対する評価が非常に高かったため、再度再販された訳です。 …

ローダウン系のボウルを投げたいならまず脱力で球速35kmのストレートから[ボウリング]

どんなボウリングを求めているか ボウリングにはスタイルがあります。 大きく分けるとストローカーなのか、ローダウン系なのか。 自分が求めるボウリングのスタイルにより、求める指導者も違ってきます。ローダウ …

サムホールの調整は自作スクレーパーで

ボウリングをしていると、時々サムホールの穴を大きくしようとして長時間紙やすりで削っている人を見かけます。 中には何年もボウリングをしているのに、スクレーパーという道具を知らずに紙やすりで削っている人も …

フィジックスMを投げた感想

フィジックスの人気が絶好調なのですが、私もその人気についフィジックスMを購入してしまいました。 初代フィジックスが爆発的に売れて、続けてフィジックスM、アストロフィジックスと来ていますが、どれもコアは …