ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング ボウル

オメガクラックスはどんなボウル?[ボウリング]

投稿日:2020年2月16日 更新日:

ストーム社からニューボウルでオメガクラックスが販売されました。 新素材の[GI-20パール]カバーは、数値上ではオイルに最強の素材となっていますがパール素材ということもありスキッドも見込めるようです。

カバーストックGI-20パールリアクティブ
コアカタリストコア
コア形状非対称
RG2.500
ΔRG0.052
硬度7375
表面加工3000グリット・アブラロン
ホワイト/コッパー/グラファイト
コンディションM,MH

クラックスと言いますと、オイルに強い最強のボウルというイメージですが、今回はソリッドカバーではなくパールカバーになっていますのでスキッド感が増しています。

45フィートのヘビーコンディションでも、問題なく曲がってくれそうです。曲がり方はどうやらワンモアフックという感じではなさそうなので、曲がり始めたら更に食い込んでいくような曲がりのイメージはないようです。更に食い込んでいくイメージではないようなので、予想外に入り込みヘッドピンに突き刺さりスプリットというダメージは減りそうな気がします。コントロールはしやすいと思います。

このボウルは、回転数が少ない人には上等な武器になりそうです。オイルが厚いコンディションでは回転数が少ない人はノーヘッドとなりがちですが、曲がりが強いボウルなので逆にスッポヌケ状態になるのが難しいと思います。

-ボウリング, ボウル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボウリングの点数計算方法が変わる?

アジア大会でボウリングの点数計算の方法が新しい方式に変わったようです。まあ、アジア大会などは一般の人には関係ない大会ですからレジャーでボウリングをしている人たちが通うセンターでその計算方法が採用される …

リボルト2020

Motive リボルト2020はもしかして!

リボルトシリーズで私が気に入っているボウルはカバートリボルトだけ!後のリボルトシリーズは気に入りません。 さて、今回のリボルト2020ですが、これは非常に気になります。 気になります!気になります~! …

PBAコンディション ベアートーナメントに出て

ボウリングはオイルコンディションにより、難しさが全く違います。通常センターのコンディションはオイル長が40フィートから42フィート位で、外が切ってあります。 10枚目から外のオイルが薄いので、オイルの …

no image

これからのボウリングは両手投げに叶わない時代になる

現在、ボウリング界は両手投げがグングン伸びてきています。日本のプロでも両手投げの選手が登場し、レジャーボウリングでも片手投げのサムレスで投げる若者が増えてきています。 PBAでも結果を出すのは両手投げ …

no image

ボウリング福島オープン2020の傾向とレーンコンディション

今年もボウリングの福島オープンが開催されると思いますが、今年福島オープンにチャレンジ予定の方に向けてアドバイスをしたいと思います。 昨年参加して、会場であった郡山のボウリング場アピアのコンディションに …