ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング ボウル

オメガクラックスはどんなボウル?[ボウリング]

投稿日:2020年2月16日 更新日:

ストーム社からニューボウルでオメガクラックスが販売されました。 新素材の[GI-20パール]カバーは、数値上ではオイルに最強の素材となっていますがパール素材ということもありスキッドも見込めるようです。

カバーストックGI-20パールリアクティブ
コアカタリストコア
コア形状非対称
RG2.500
ΔRG0.052
硬度7375
表面加工3000グリット・アブラロン
ホワイト/コッパー/グラファイト
コンディションM,MH

クラックスと言いますと、オイルに強い最強のボウルというイメージですが、今回はソリッドカバーではなくパールカバーになっていますのでスキッド感が増しています。

45フィートのヘビーコンディションでも、問題なく曲がってくれそうです。曲がり方はどうやらワンモアフックという感じではなさそうなので、曲がり始めたら更に食い込んでいくような曲がりのイメージはないようです。更に食い込んでいくイメージではないようなので、予想外に入り込みヘッドピンに突き刺さりスプリットというダメージは減りそうな気がします。コントロールはしやすいと思います。

このボウルは、回転数が少ない人には上等な武器になりそうです。オイルが厚いコンディションでは回転数が少ない人はノーヘッドとなりがちですが、曲がりが強いボウルなので逆にスッポヌケ状態になるのが難しいと思います。

-ボウリング, ボウル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サムホールの調整は自作スクレーパーで

ボウリングをしていると、時々サムホールの穴を大きくしようとして長時間紙やすりで削っている人を見かけます。 中には何年もボウリングをしているのに、スクレーパーという道具を知らずに紙やすりで削っている人も …

ローダウン系のボウルを投げたいならまず脱力で球速35kmのストレートから[ボウリング]

どんなボウリングを求めているか ボウリングにはスタイルがあります。 大きく分けるとストローカーなのか、ローダウン系なのか。 自分が求めるボウリングのスタイルにより、求める指導者も違ってきます。ローダウ …

ボウリングのボウルを投げるとポンと音がする

ボウリングのボウルを投げた時に、ポンと音がする人がいます。何も知らない人はその音が不思議に思います。 私などはボウリングを始めたばかりの時に、他の人が投げていてその音がした時におかしくてついつい笑いた …

PBAコンディション ベアートーナメントに出て

ボウリングはオイルコンディションにより、難しさが全く違います。通常センターのコンディションはオイル長が40フィートから42フィート位で、外が切ってあります。 10枚目から外のオイルが薄いので、オイルの …

ボウリングの福島オープン2019

2019年の8月24日、25日と福島オープンが開催されます。 レーンコンディションは43F、オイル量33cc、中と外の比は1:5というコンディションでした。 投げた印象はメチャ速い! 私の馴染みのセン …