ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング

ボウルが曲がらないと言う初心者の方へ[ボウリング]

投稿日:2020年2月17日 更新日:

ボウリング初心者の方は、ほぼ間違いなく思うようにボウルが曲がらないと嘆く人が多いと思います。もちろん回転数が少ないのが曲がらない原因なわけですが、それ以外にも曲がらない原因があります。

通常のボウリング場は、初心者の方でもある程度ボウルが曲がるようにレーンコンディションを作っています。ボウルが曲がらないとお客さんはつまらないので、お客さんが逃げてしまいます。

そのため、営業上ボウルが曲がるようにしています。

ところが、それでも曲がらないと言うのが初心者の方です。その原因はボウルを落としている投球ラインが曲がらない所に投げているからです。

下の図をご覧ください。

これは、レーンに引いてあるオイルの状態を表しています。このオイルの状態によってボウルが曲がりやすかったり、曲がりにくかったりします。

そして、この表を見ることにより、どこに投げるとボウルが曲がるのかが分かります。

この表のオイルパターンはボウルが曲がる典型的なパターンで一般的なボウリング場でのハウスコンディションというものになります。

この表で特に重要なのが下図の部分です。

この図はマスがレーンの板目を表しグラフがレーンに引いてあるオイルの量を表します。マス目の右側から板1枚、2枚と数えていきますが板目9枚目までは引いてあるオイルの量が少ないのが分かります。

そして、9枚目よりも内側にはオイルが沢山引いてあるのも分かります。

初心者の方は、ボウルを投げる時にレーンにオイルが沢山引いてある10枚目よりも内側を投げてしまうのでボウルが曲がらずに滑っていきます。

次に下図をご覧ください。

この図の青い所はオイルが厚い所で、白い所はオイルが薄い所です。厚い所は42ftまでオイルが伸びています。ヘッドピンまでのレーンの長さは60ftですから、レーンの真ん中を投げますと誰が投げても42ftまではボウルは曲がらずに滑っていきます。

ところがレーンの右端を投げますと青い部分は20ft位までで、後は白くなっています。白い部分はオイルが薄くなっているのでボウルは滑りづらくなっています。

初心者の方でボウルを曲げたいと思っているけど曲がらないという人は、このオイルの薄い部分に投げずにオイルの厚い部分に投げている可能性が高いわけです。

また、このコンディションは42ftですがオイルを引く長さも大きく関係してきます。35ftのコンディションであれば、今度は何処に投げてもボウルが曲がってしまいますし、47ftとかのコンディションであればレーンの外に投げても曲がりづらくなります。

通常のボウリング場のレーンコンディションは38ft~44ftまでのミディアムコンディションと言われるものです。そしてオイルパターンも初心者でも曲がりやすいようにしているので、もし初心者でボウルが曲がらないと言う方はレーンの右側5枚目位を投げてみて下さい。

これまで、レーンの中を投げていた時は一曲がりもしなかったのにボウルが曲がるようになります。但しボウリング場に設置してあるハウスボウル(プラスチック素材)では、曲がりません。両手投げで回転させますと曲がりますが、やはり表面素材がプラスチックでないマイボウルの曲がりには勝てません。

もし両手投げやサムレスでハウスボウルで投げている人が、マイボウルで同じことをしたらボウルはものすごく曲がってきます。

-ボウリング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サムホールの調整は自作スクレーパーで

ボウリングをしていると、時々サムホールの穴を大きくしようとして長時間紙やすりで削っている人を見かけます。 中には何年もボウリングをしているのに、スクレーパーという道具を知らずに紙やすりで削っている人も …

ボウリングのボウルが曲がり過ぎる人

次のことをチェックです。 ホームとしているセンターのコンディションはどうなのか。レーンに引いているオイルの量は何cc入っているのか。あるセンターで43フィートレーンでオイルが22.5ccしか入っていな …

ローダウン系のボウルを投げたいならまず脱力で球速35kmのストレートから[ボウリング]

どんなボウリングを求めているか ボウリングにはスタイルがあります。 大きく分けるとストローカーなのか、ローダウン系なのか。 自分が求めるボウリングのスタイルにより、求める指導者も違ってきます。ローダウ …

no image

ボウリング福島オープン2020の傾向とレーンコンディション

今年もボウリングの福島オープンが開催されると思いますが、今年福島オープンにチャレンジ予定の方に向けてアドバイスをしたいと思います。 昨年参加して、会場であった郡山のボウリング場アピアのコンディションに …

サムホールは楕円にするべき

よくサムホールを紙やすりで削っている人を見かけます。私も昔は紙やすりで削っていました。 今はスクレーパーで削りますが、サムホールの穴は指に合わせて楕円にしています。親指は楕円ですので、親指に合わせて横 …