ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング

サムソリッドやフィンガーグリップはオイルがホールに入ってくるのを防いでくれる

投稿日:2018年1月31日 更新日:

サムソリッドの役目

ボウリングのボウルでサムに穴を空けるときに、普通はサムソリッドというプラスチックを中に入れてそれに穴を空けます。

でも、PBAのプロを見ると結構サムソリッドを使っていないプロが沢山います。

それを真似して、我々素人がサムソリッドを使わないで素掘りの状態で穴を空けるとどうなるのかということですが、結果はお勧めできません。

PBAのプロは、メーカーと契約していて常に新しいボウルを手にすることができます。

ところが私たち素人は、そうはいきません。

ボウルはオイルを吸収しますが、長い間ボウルを使っているうちに、サムソリッドを使わないと、そのオイルがサムの中に染み出てきてベトベトしてきてしまいます。

これでは投球に差し障りが出てきてしまいます。

サムソリッドの一番の役目は、吸収されたオイルがサムホールに染み出てこないようにしてくれていることです。

意外とこの事実を知らない人が多いんです。

フィンガーグリップについて


フィンガーグリップについてもサムソリッドと同様に、オイルが染み出てくるのを防いでくれる役目があります。

フィンガーグリップは、投球回数が多くなってくるとすり減ってきます。

フィンガーグリップもしょっちゅう交換しないといけないので、結構お金がかかります。

そこで、私はすり減らないようにホースを切ってフィンガーグリップにしています。

ホースの口径はそのままでは指に合わないので、ホースを縦に切って瞬間接着剤で固定します。でも、それだけでは隙間が空いてしまっているので、その空いた隙間に更にホースを細く切って瞬間接着剤でくっつけます。

フィンガーグリップは、大きめにしておきます。

何故かと言いますと、指が入らなくなってくると困るので大き目にしておいて隙間を感じるときは、幅1mmとか2mmのゴム板を指の背側に張り付けてフィット感を出しています。

以前はゴム板をフィンガーグリップに使っていたのですが、ゴム板もやはりすり減ってきて、段々とスパンが変わってくるので、今はホースを使っています。

流石にホースはすり減りませんので、いつも同じスパンの状態を保てるという訳です。

色々と試してみましたが、今は一番ホースが気に入っています。

ハンドメイズ・テイル
U-NEXT




-ボウリング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルファジャッカル

アルファジャッカルはどんなボウル

MOTIV からアルファジャッカルが販売されました。ジャッカルファンとしては気になるところですが、その性能はどのような物でしょう。 カバーストックは Coercion HVということで、このカバースト …

ローダウン系のボウルを投げたいならまず脱力で球速35kmのストレートから[ボウリング]

どんなボウリングを求めているか ボウリングにはスタイルがあります。 大きく分けるとストローカーなのか、ローダウン系なのか。 自分が求めるボウリングのスタイルにより、求める指導者も違ってきます。ローダウ …

no image

ボウリング福島オープン2020の傾向とレーンコンディション

今年もボウリングの福島オープンが開催されると思いますが、今年福島オープンにチャレンジ予定の方に向けてアドバイスをしたいと思います。 昨年参加して、会場であった郡山のボウリング場アピアのコンディションに …

サムホールの調整には養成テープがお勧め

ボウリングの中級者以上の方なら、サムホールの調整の重要性を認識いていて自分で合うテープを様々試されたことと思います。 私も、ありとあらゆる物を試してみました。シリコン、ゴム板、フェルト、市販のボウリン …

フィジックスMを投げた感想

フィジックスの人気が絶好調なのですが、私もその人気についフィジックスMを購入してしまいました。 初代フィジックスが爆発的に売れて、続けてフィジックスM、アストロフィジックスと来ていますが、どれもコアは …