ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング

サムソリッドやフィンガーグリップはオイルがホールに入ってくるのを防いでくれる

投稿日:2018年1月31日 更新日:

サムソリッドの役目

ボウリングのボウルでサムに穴を空けるときに、普通はサムソリッドというプラスチックを中に入れてそれに穴を空けます。

でも、PBAのプロを見ると結構サムソリッドを使っていないプロが沢山います。

それを真似して、我々素人がサムソリッドを使わないで素掘りの状態で穴を空けるとどうなるのかということですが、結果はお勧めできません。

PBAのプロは、メーカーと契約していて常に新しいボウルを手にすることができます。

ところが私たち素人は、そうはいきません。

ボウルはオイルを吸収しますが、長い間ボウルを使っているうちに、サムソリッドを使わないと、そのオイルがサムの中に染み出てきてベトベトしてきてしまいます。

これでは投球に差し障りが出てきてしまいます。

サムソリッドの一番の役目は、吸収されたオイルがサムホールに染み出てこないようにしてくれていることです。

意外とこの事実を知らない人が多いんです。

フィンガーグリップについて


フィンガーグリップについてもサムソリッドと同様に、オイルが染み出てくるのを防いでくれる役目があります。

フィンガーグリップは、投球回数が多くなってくるとすり減ってきます。

フィンガーグリップもしょっちゅう交換しないといけないので、結構お金がかかります。

そこで、私はすり減らないようにホースを切ってフィンガーグリップにしています。

ホースの口径はそのままでは指に合わないので、ホースを縦に切って瞬間接着剤で固定します。でも、それだけでは隙間が空いてしまっているので、その空いた隙間に更にホースを細く切って瞬間接着剤でくっつけます。

フィンガーグリップは、大きめにしておきます。

何故かと言いますと、指が入らなくなってくると困るので大き目にしておいて隙間を感じるときは、幅1mmとか2mmのゴム板を指の背側に張り付けてフィット感を出しています。

以前はゴム板をフィンガーグリップに使っていたのですが、ゴム板もやはりすり減ってきて、段々とスパンが変わってくるので、今はホースを使っています。

流石にホースはすり減りませんので、いつも同じスパンの状態を保てるという訳です。

色々と試してみましたが、今は一番ホースが気に入っています。

ハンドメイズ・テイル
U-NEXT




-ボウリング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボウリングでの肘の痛み

ついにやってしまいました。 ボウリングでの肘の痛みが、私にも起こりました。 私の肘の痛みは、まだ軽傷の方だと思いますが、横にスライドさせるドアを開こうとしたときや、ちょっと重い何かを持ち上げようとした …

中古のプラグ済ボウリングボールはCGの位置がずれているのをご存知?

ヤフオクなどで、沢山の中古ボウリングボールが販売されています。 もちろん新品のボウルも沢山販売されているので、上手に活用すればお目当てのボウルが安く手に入る可能性が高いわけです。 特にお勧めなのが、プ …

no image

ローダウンで肘を曲げたいが鉄棒の様で曲げられない人

ローダウンで肘を曲げるコツ ローダウンをするには、肘を一瞬曲げて、それを伸ばすことが必要になります。 初めてローダウンにチャレンジしようと思う人は、多くの人が見様見真似で肘を曲げようとしますが、肘がま …

ロイヤルリボルトはカバートリボルトの色違い?

ABSからロイヤルリボルトが販売されました。2019年の11月のことです。 カバートリボルトは言うまでもなく傑作中の傑作ボウルで、何度も再販されてきました。カバートリボルトの後に、ユーナイティッドリボ …

PBAコンディション ベアートーナメントに出て

ボウリングはオイルコンディションにより、難しさが全く違います。通常センターのコンディションはオイル長が40フィートから42フィート位で、外が切ってあります。 10枚目から外のオイルが薄いので、オイルの …