ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング

ボウリングでの肘の痛み

投稿日:2018年8月31日 更新日:

ついにやってしまいました。
ボウリングでの肘の痛みが、私にも起こりました。

私の肘の痛みは、まだ軽傷の方だと思いますが、横にスライドさせるドアを開こうとしたときや、ちょっと重い何かを持ち上げようとしたときに、肘に軽い痛みを感じるようになりました。

同じセンターで熱心に投げている方も、肘に痛みを感じて今は投げる回数を減らしているそうです。

プロに聞いたら、投げる回数を減らさずにそのままのペースで投げ続けると、本当に肘を壊すことになると言われました。

確かに、ちょっと投げすぎでした。

一週間に5日ペースで投げていました。

投げ放題で投げるときは、一日12ゲーム位投げていました。

肘に違和感を感じていないときは、こんなので肘は壊れないと思ってドンドンペースで投げていたのですが、そのしわ寄せがきました。

やはりボウリングにドハマリしているときは、本当に毎日でも投げたい気分になります。

しかし、これを1年、2年と続けると私の様に故障を起こすことになります。

一番いけないのは、一日に10ゲーム以上も投げることの様です。

一日に投げるゲーム数を6ゲーム位に抑えて、週に2回程度の頻度に抑えて投げるようにすれば肘を壊すこともないと思います。

これから、ボウリングをしようと思っている方は故障を起こさないように投げ過ぎには注意をしてください。

故障してしまうと、完治するのにかなりの時間がかかるようです。

プロテストを受けた方もいるのですが、その方はプロテストで肘を壊してしまいました。

確かに一日15ゲームを3日間、更に二次テストでも同様のペースで投げているので肘を壊しかねませんよね。

ハンドメイズ・テイル
U-NEXT




-ボウリング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オメガクラックスはどんなボウル?[ボウリング]

ストーム社からニューボウルでオメガクラックスが販売されました。 新素材の[GI-20パール]カバーは、数値上ではオイルに最強の素材となっていますがパール素材ということもありスキッドも見込めるようです。 …

no image

これからのボウリングは両手投げに叶わない時代になる

現在、ボウリング界は両手投げがグングン伸びてきています。日本のプロでも両手投げの選手が登場し、レジャーボウリングでも片手投げのサムレスで投げる若者が増えてきています。 PBAでも結果を出すのは両手投げ …

サムホールの調整には養成テープがお勧め

ボウリングの中級者以上の方なら、サムホールの調整の重要性を認識いていて自分で合うテープを様々試されたことと思います。 私も、ありとあらゆる物を試してみました。シリコン、ゴム板、フェルト、市販のボウリン …

中古のプラグ済ボウリングボールはCGの位置がずれているのをご存知?

ヤフオクなどで、沢山の中古ボウリングボールが販売されています。 もちろん新品のボウルも沢山販売されているので、上手に活用すればお目当てのボウルが安く手に入る可能性が高いわけです。 特にお勧めなのが、プ …

ボウリングの点数計算方法が変わる?

アジア大会でボウリングの点数計算の方法が新しい方式に変わったようです。まあ、アジア大会などは一般の人には関係ない大会ですからレジャーでボウリングをしている人たちが通うセンターでその計算方法が採用される …