ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング

ロイヤルリボルトはカバートリボルトの色違い?

投稿日:2018年11月21日 更新日:

ABSからロイヤルリボルトが販売されました。2019年の11月のことです。

カバートリボルトは言うまでもなく傑作中の傑作ボウルで、何度も再販されてきました。カバートリボルトの後に、ユーナイティッドリボルトやゴールドリボルト等が出ましたが、やはりカバートリボルト程の人気は出ませんでした。

それ程カバートリボルトが完成されたボウルということです。カバートリボルトの動きは多少のボウラーのリリースミスを修正してくれます。

通常であれば「しまった!」というようなリリースミス(リリースミスによる回転不足やアクシスローテーションの不足)なのですが、「エ?」というようにボウルはリリースミスを感じさせない動きをしてくれます。これは本当に助かります。

比較としてカンタムフォレストを出しますと、カンタムフォレストはしっかりアクシスローテーションを入れてあげないと満足する曲がりがでませんけど、カバートリボルトは違います。

私は今でもカバートリボルトを愛用していますし、新しく他のボウルを買っても、「ダメダこりゃ!」状態に感じてまたカバートリボルトに戻ってしまいます。

ロイヤルリボルトカバートリボルトのカタログデータの比較は下の様になります。

  カバートリボルト ロイヤルリボルト
カバーストック Turmoil(TM) HFS Reactive Turmoil SPS Reactive
コア Vanquish(TM) Vanquish
RG 2.470 2.470
ΔRG 0.056 0.056
硬度 74~76° 74~76°
表面仕上 Black Smoke Royal Blue

今回のロイヤルリボルトはABSが日本独自に手掛けたもので日本のユーザーに焦点を当てたものになっています。

カタログデータによりますと、カバートリボルトよりもミッド領域でのブレーキの効きが少し早めということですので、多少走りが抑えられていると言えます。

基本的に黒いカバーストックは走りますので、カバーストックの色による違いなのでしょう。

カバートリボルトを投げていて感じることは、曲がりが出てからピン手前で更に食い込んでいくワンモアフックです。

結構多くのボウルが曲がり始めた後は、ワンモアフックが無くそのまま直線的にピンに向かっていくボウルが多いのですが、カバートリボルトは違います。曲がり始めてからピン手前で更に巻き込んでいくようにヘッドピンに向かいます。この部分がカバートリボルトの素晴らしい部分でもあります。

過激な動きをして打ちづらいボウルではなく、かといって曲がらない訳では無い。柔らかくコントロールし易く非常に良い動きをしてくれるボウルがカバートリボルトでした。

ロイヤルリボルトが販売されて、リボルトユーザーは間違いなく購入に走ることでしょう。ましてやカバートリボルト同じスペックであるというのであれば間違いありません。

良いボウルが欲しいと思うのであれば、新しく出たボウルではなく再販されるボウルを選ぶべきです。再販されるということはユーザーからの評価が高く、再販を望む声が高いからです。

本当の当たりのボウルは年に1個、2個の世界です。年間沢山のニューボウルが販売されますが多くは外れボウルということを認識しておいた方がよいです。

ちなみに、桑田佳祐氏がロイヤルリボルトを投げていますね。ボウルの動きを見ると、カバートリボルトと同様の動きに見えました。





-ボウリング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リボルト2020

Motive リボルト2020はもしかして!

リボルトシリーズで私が気に入っているボウルはカバートリボルトだけ!後のリボルトシリーズは気に入りません。 さて、今回のリボルト2020ですが、これは非常に気になります。 気になります!気になります~! …

ボウリングのボウルを投げるとポンと音がする

ボウリングのボウルを投げた時に、ポンと音がする人がいます。何も知らない人はその音が不思議に思います。 私などはボウリングを始めたばかりの時に、他の人が投げていてその音がした時におかしくてついつい笑いた …

サムホールの調整には養成テープがお勧め

ボウリングの中級者以上の方なら、サムホールの調整の重要性を認識いていて自分で合うテープを様々試されたことと思います。 私も、ありとあらゆる物を試してみました。シリコン、ゴム板、フェルト、市販のボウリン …

ボウリングの縦回転と横回転のボウル

縦回転のボウル 私が理想とするボウルは縦回転でアクシスローテンションが入ったボウルです。下の図のようなボウルです。 トラックはサムホールから5cm位離れ、縦回転でアクシスローテーション(舵角)が10度 …

フィジックスMを投げた感想

フィジックスの人気が絶好調なのですが、私もその人気についフィジックスMを購入してしまいました。 初代フィジックスが爆発的に売れて、続けてフィジックスM、アストロフィジックスと来ていますが、どれもコアは …