ボウリング上達への道と知識

ボウリングの初心者が上級者になるまでに必要な知識を提供していきます。ローダウンの練習をされている方も参考にされてください。

ボウリング

ボウリングでかっこよく投げたい

投稿日:

ボウリングで一番かっこよい投げ方をしている人、皆さんが憧れている人は誰ですか。憧れる選手は人それぞれですので、かっこよく感じる人も皆違うと思います。

私は、断然EJ Tacketがかっこよく感じています。

彼の投げ方は、片手投げとしてはこれまでのどのボウラーとも違います。

通常のオープンバックでもありません。

通常のオープンバックは、腰は開かないのですが彼の場合は完全に腰も開いてボウルがトップに来た時には体がレーンに対して真横になっています。

ボウルがトップに来た時に右足でアプローチを蹴りますが、上の画像が丁度その画像です。重心が右足にあり蹴りに入り右足が浮いています。

通常の人のスタイルは蹴りが入った時には既にボウルはある程度落下してきているのですが、EJ Tacketの場合はまだ落下してきていません。ボウルはトップの位置にあります。

この状態から左足にストップがかかった時に、ボウルは数十センチ落下してきており、ちょうど水平の高さより少し下にあります。

上の画像は左足でストップをかけた瞬間です。

この時は、まだ右腕は真っすぐです。手の平も多少ブロークン気味になっています。

左足でストップがかかると、右腕がその反動で肘が曲がり始めます。上の画像と比べて少し肘が曲がっているのが分かります。

この左足のストップをかけた時に、見せかけのストップですとこの肘の曲がりを作ることができません。状態が前に流れてしまいますとせっかく左足でストップをかけて慣性の法則を利用して肘が曲がってくることを利用するのですが、状態が流れてしまってはその慣性の法則が生まれません。

EJ Tacketの体を見てみますと、上の写真とそのまた上の写真を見ると体の状態に変化が無いことが分かります。

これは左足をガッチリ床にブロックさせて滑らせないで、更に体も前に流れないようにしてバスの吊り輪が急ブレーキをかけた時に前に揺れる原理を作り出しているからです。

肘が曲がり始めたら、その後体が前に流れ、その肘を伸ばすだけです。重要なのは、このボウルが水平位置に来た辺りからの左足のストップです。その時に体が急ブレーキに負けて前に流れないようにすることです。前に流れてしまうと慣性の法則が生まれず肘を意識的に曲げてしまいます。

彼の場合は、肘は慣性の法則を使い肘を曲がていますので無意識のうちに曲がり力で曲げているのではありません。

かっこいい!

-ボウリング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボウリングの縦回転と横回転のボウル

縦回転のボウル 私が理想とするボウルは縦回転でアクシスローテンションが入ったボウルです。下の図のようなボウルです。 トラックはサムホールから5cm位離れ、縦回転でアクシスローテーション(舵角)が10度 …

ボウリングのボウルが曲がり過ぎる人

次のことをチェックです。 ホームとしているセンターのコンディションはどうなのか。レーンに引いているオイルの量は何cc入っているのか。あるセンターで43フィートレーンでオイルが22.5ccしか入っていな …

ジャッカルマジックの評価

ジャッカルマジックを投げてみた感想をお知らせします。 ジャッカルマジックは、ジャッカルゴーストのリメイク版の色違いとなります。ジャッカルゴーストに対する評価が非常に高かったため、再度再販された訳です。 …

サムホールの調整には養成テープがお勧め

ボウリングの中級者以上の方なら、サムホールの調整の重要性を認識いていて自分で合うテープを様々試されたことと思います。 私も、ありとあらゆる物を試してみました。シリコン、ゴム板、フェルト、市販のボウリン …

サムソリッドやフィンガーグリップはオイルがホールに入ってくるのを防いでくれる

サムソリッドの役目 ボウリングのボウルでサムに穴を空けるときに、普通はサムソリッドというプラスチックを中に入れてそれに穴を空けます。 でも、PBAのプロを見ると結構サムソリッドを使っていないプロが沢山 …